ホームお問い合わせサイトマップ

自然食品有機村 > 

マクロビオティックって何?

最近良く耳にする「マクロビオティック」。『やってみたいけど・・・なんだか難しそう。』、『続けられるのかな?』、『手間がかかってめんどくさいのでは・・・』などと不安を抱いている方は結構多いはずです。
でも、有機村なら超簡単!!有機村の商品は安心できるものばかり。無農薬のとれたて野菜は丸ごと食べても安心。玄米だからこそ無農薬がいい。たまには甘いものも食べたい!そんな時にも砂糖不使用のデザートもあり。まさに、有機村はマクロビアン(マクロビオティックを実践している人)のためのお店。毎月自然食料理教室も開催していますし、マクロビオティック料理を出してくれるレストランなどの情報などなど、マクロビオティックのレシピの幅がぐーんと広がり、おいしく楽しくマクロビオティックを実践できます。
健康的なダイエット方法をお探しの方をしたい方、メタボリック症候群などの内臓脂肪が気になる方、お肌のトラブルで悩んでいる方、体調が優れない方など、マクロビオティックを一度お試しください。

マクロビオティックって何?

近年、世界中で注目されるようになったマクロビオティック。
マドンナをはじめ、トム・クルーズやシャロン・ストーン、ニコール・キッドマンなどのハリウッドスターやスーパーモデルたちも実践している食事法です。
提唱者である桜沢如一氏は早くから農薬や食品添加物等の害を指摘し、自然食の開発や普及に力を注ぎました。そしてその理念は全世界に普及されています。とっても奥の深い理論ですが、基本的な考え方を簡単にまとめてみました。


マクロビオティックを実践する

マクロビオティックの基本

  1. 食物は丸ごと食べる
  2. その土地のものを食べる
  3. 砂糖と乳製品・肉類は控えめにする
  4. よく噛んで食べる

マクロビオティック献立バランス表

全粒穀物(50%〜60%)
玄米、大麦、雑穀、オートミール、とうもろこし ライ麦。そば、うどん、パスタなどの麺類
野菜[温帯産](20%〜30%)
日本が位置する温帯産の野菜。葉菜、根菜、円形の野菜(かぼちゃ、ブロッコリー、キャベツ)
豆類・海藻類(5%〜10%)
小豆、ひよこ豆、レンズ豆、黒豆、豆腐、のり、わかめ、昆布、ひじきなど。副菜には、塩や醤油などで味付けをした豆や海藻を使ったものを入れるようにする。
スープ・みそ汁(5%〜10%)
みそ汁やおすましなど。季節の野菜や海藻、豆などを入れる。

ときどきは食べて良いもの

魚介類
養殖でない白身魚、川魚。鯉など。
季節の果物
熱帯産のものは避け、オーガニックな温帯産の旬のものを。
種実類
ナッツと種子類。くるみ、松の実、栗、ごまなど。
デザート
麦あめ、米あめ、甘酒などの甘味を用いて、果物や寒天などを合わせて。砂糖は使わない。
飲物
ミネラル分の多い、良質の水で淹れたお茶。刺激や香りの強すぎないもの。番茶、茎茶、麦茶など。
調味料
伝統的な製法で作られたもの。調味料は自然海塩、天然醸造しょうゆ、みそ。油は、ごま油、菜種油。薬味は、大根、しょうが、レモン、ねぎなど。

一見、ストイックな「粗食」がイメージされがちなマクロビオティックですが、そのレシピや調理方法は、いたって簡単で、しかも豊富なバリエーション。
その素材や調理方法の選定は、季節や住む地域の環境性にもよりますが、直感、つまり「食べたいと思う」、「体が欲する」ものを選ぶというもの、重要なポイントとなります。
そして、「心を込めて料理する」ということ、食べる時には全ての命に感謝「ありがとうの心」で残さずいただくことが、一番大切です。

初心者におすすめなのが手軽にはじめられる『マクロビオティック一週間お試しセット』。オーサワジャパンによる厳選された自然食材と、マクロビオティック品質基準に基づいた食品のラインナップで、玄米ご飯や玄米粥といった主食をはじめ、お惣菜、みそ汁、漬物、梅干、お茶など、1日3食/7日間分の食品がセットになっています。しかもレンジでチンする手軽さがうれしいトライアルセット。
1週間分 ¥13,920(税込)

このページのトップへ


自然食品有機村ホームイベント情報取扱商品一覧店舗案内スタッフ紹介リンク集

自然食品有機村 〜人と地球に心地よく〜自然食品・エコグッズ・自然化粧品・オーガニックコットン・フェアレード・CD・書籍他

〒400-0065山梨県甲府市貢川1-6-23 TEL:055-222-1872 FAX:055-222-1922 営業時間:10時〜19時(日・祝 11時〜18時) 年中無休

Copyright©2006 Yuukimura. All Right Reserved.