髪をプレゼント!ヘアードネーションをしました

髪をドネーションしました。

フラを始めた10年以上前から髪はずっとロングヘアーでした。
ズボラなため、髪型はいつもポニーテール。
今年、私の通っているフラの教室の5周年記念コンサートがあり、いつもより長く髪を伸ばしていましたが、無事終了してその後はしばらく大きなステージもないので、髪を短めにしてみようかな?と思っていた時にふと思い出したことがありました。

前にお友達が、切った長い髪を病気で髪を失ってしまった子どもたちに、メディカルウイッグをプレゼントするNPOに寄付したとフェイスブックで書いていました。

「ヘアードネーション」て言うみたい。

ネットで検索したら、すぐにそのNPOのホームページが出て、寄付の仕方など調べました。

ウイッグを作るには31センチ以上必要なので、かなり短くなるな〜。
でも、髪がないことで学校に行ったり、外出を躊躇している子が楽しく行けるようになったら・・・。
なんて想像するとこちらまで嬉しくなります。

ほとんど行かない(?)行きつけの美容院に「ヘアードネーション」したいのですが・・・と電話したら「あーはいはい、出来ますよ〜。」って。
ヘアードネイションもかなり一般的になって来てるみたいです。

念のためと、32〜33センチ切って

切った髪を持ち帰り、大阪のNPOに郵送しました。

ヘアードネーションのために切った髪

ヘアドネーションを主催するNPOの住所

 

10年以上振りのほぼショートヘアになり、髪が軽くなって、なんだか気持ちもふわふわと軽やかになりました。

髪が短くなりました
シャンプーも楽です〜〜💕

この記事を書いた人 井上 恭子

富士川町で、夫と息子、義父母との5人暮らし。2年前まで、富士川町の里山の古民家で、自家用の自然栽培米を作りながら火を使ったスローな暮らしを実践。米作りは今も毎年続けている。家業は甲府の自然食品有機村。昔ながらの豊かな日本の里山の暮らし、より自然に添った育児などの経験から得た知恵や生き方の極意などを自分の生活の中で実践中。

関連記事