平成30年、年末の大掃除🧹

平成30年も今日を入れて残り四日となりました。今日が仕事納めという方、大掃除や買い出しで走っておられる主婦の皆さま、お疲れ様です。

有機村は歳末セール中ですが、私も主婦の端くれとして、今朝レンジを磨きましたよ。

ここのところの忙しさにかまけて放置し続けた台所のコンロ周り。油汚れなどがへばり付き、とてもお見せできない状態。(だから写真撮ってない)

何でここまで放置した?と自分で自分にツッコミを入れつつ、ナチュラルクリーニングの味方、「重曹」を取り出しました。
モンゴル天然重曹。私のおばあちゃんは、ふくらし粉、と言っていて、小さい頃これでドーナツを作ってくれたっけ。


レンジ周りのベタベタ油汚れには、この重曹が役に立つのです!

空のスプレー容器に水と重曹を入れてスプレー、しばらく置いてタワシやスポンジなどで汚れを落として、布巾で拭き取る。今回のようなしつこい汚れには、少しの水でペースト状にして汚れに塗って放置すると、より強力です。

 

たまたま洗おうと思ってシンクにあったサラダマスターのお鍋に重曹水を作って、ごとくなどをつけ置き。何と贅沢な。(サラダマスター鍋のことはまた書きます!)

 

とりあえずレンジだけ!ですが、ビカビカきれいになって気持ちもスッキリ。

 

有機村の営業が30日までなので、残りの掃除は大晦日かなぁ〜。

この記事を書いた人 井上 恭子

富士川町で、夫と息子、義父母との5人暮らし。2年前まで、富士川町の里山の古民家で、自家用の自然栽培米を作りながら火を使ったスローな暮らしを実践。米作りは今も毎年続けている。家業は甲府の自然食品有機村。昔ながらの豊かな日本の里山の暮らし、より自然に添った育児などの経験から得た知恵や生き方の極意などを自分の生活の中で実践中。

関連記事